読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくのかんがえたさいきょうコンボ

おはにちばんは。ハンネを変えてみようかなんて考えているぽとふです。
みうらって呼ばれてる方がしっくりくるんですよね←

彼岸、帝ストラクが同日にリリースされ、改定による規制を見事かいくぐった(そうなるとは思っていたけれど…)EMEmを合わせた三つ巴の環境が始まりましたね(*'▽')
現状EMEmと帝に彼岸が追随するという恰好でしょうか。個人的にはすっごい楽しいです。


さてさて、cs出たりその辺のお店の大会に出たりする中であまりに綺麗に決まって震えた流れがあったので書き留めておこうと思いたっての記事です。別に奇抜なカードは使ってないんですけどね。


相手は話題の彼岸。マッチの一本目を取って二本目。相手の先攻「魔サイの戦士」召喚、「ガトルホッグ」の特殊召喚効果に「増殖するG」を合わせる順調なスタート。相手は苦悶の表情。笑
「ダンテ」まで作り「魔サイ」をコストに効果発動。「魔サイ」から「スカラマリオン」を落とし「グラバースニッチ」回収と安定した相手の初動。「魔サイ」絡みは「増殖するG」の被害を最小限にとどめてきますね。2伏せが敷かれてターンが回ってくる。

手札に「ドクロバットジョーカー」を有するも召喚無効、一戦目に見えた「スキルドレイン」等警戒すべきカードは多く存在しました。相手の攻撃をしのぐ手段としての「虚無空間」、そして「王宮のお触れ」をセットしてターンエンド。

相手の「グラバースニッチ」の特殊召喚効果に「虚無」を合わせるとそのまま「グラバースニッチ」召喚「ダンテ」と2体でアタック、1伏せを追加でターンが返ってくる。ここでエンドお触れ。

場にある虚無空間の効果を無効にしつつ「ドクロバットジョーカー」で「ペンデュラムマジシャン」サーチラスターペンマ(略…
「ペンマジ」のP召喚時効果で置物と化した虚無空間を破壊。サーチ効果と。非常に無駄のない動きが出来ました。

次ターン「ウェルギリウス」にお触れを処理されそのセットは落としてしまいましたが気持ち的にはもう勝ったようなもんですね(違
帝の「エレボス」にしろウェルギリウスにしろ専用カードがデッキバウンスを扱えるのってやばいですよね。大先輩の「コウカンショウ」と「ティアラミス」に謝った方がいいと思う。


「虚無空間」と「王宮のお触れ」が劇的に噛み合った瞬間のお話でした。


余談

「慧眼の魔術師」の規制って魔術師のテーマ単位の極端な強化フラグにしか見えないのは俺だけなのかな(今出てる情報だけでもかなりいかつい強化になっていると思う)。どっちにしろ魔術師関連のカード群を買い集めるなら今だと思いました。「相克の魔術師」辺りも「慧眼」と一緒に下がってますね~。
「幻想の黒魔導士」辺りも下がってくれれば嬉しいけど必須じゃなさそうだし買う気が起きないです…

相克の魔術師(Super)- 価格変動履歴 - 遊戯王☆カード検索
慧眼の魔術師(Ultra)- 価格変動履歴 - 遊戯王☆カード検索