読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EMの浮幽さくら

やりたいことをやらせずに勝つ遊戯王が蔓延して久しいですが、また違ったベクトルのカードですよね。やりたいことなくすみたいな
http://img-cdn.jg.jugem.jp/5f7/1675425/20160113_1898589.jpg

ミラーで使ってみた

狙うは現在EM竜剣士の絶対的エースの立ち位置をほしいままにしている<爆竜剣士イグニスターP>です。ホープが立った瞬間ライトニングを消したりバルブまで出させてナチュビを消すこともありそうですね。
結果は微妙の一言でした。イグニスターの選択肢を削ったところでダイナスターに方向転換を図られ敗戦。うーむ。

対彼岸で使ってみた

多くの彼岸使いがこのカードの情報が出たことでモチベーションを刈り取られたことと思います。結果はこんな感じ。


相手の先手1ターン目で浮幽さくらが炸裂しダンテを3枚消し飛ばしました。事実上残りのベアトリーチェ3枚、巡礼者ダンテ2枚(まつじゅん)も機能停止に。

ところがところが


魔封じの芳香にあえなく屈するEMサイド。僕です。
浮遊さくらの登場で、SR等を用いてダンテ→ベアトリーチェを安定させるプランが浸透していた彼岸サイドの構築が変わってきているようです。戻ったというのが正確なのでしょうか?
ダークロウ、魔封じ、数は少ないようですがヘルレイカー型などダンテ以外の要素で戦えるように構築されています。
彼岸の強みは前も強い、後ろも厚い、なんなら手札誘発も取り扱う柔軟性なのだと実感させられた瞬間でした。

結論、致命傷を与えられるのは対彼岸に対してのみ。その彼岸も飛んでくることが分かっているなら対策のしようがあるって感じですかね。枠をかなり食うのもあまり好きではない点です。初手に持ちたいカードだし、枚数減らすのもなぁ…

引用:ていびさんのツイッター(無許可)
葛西CSを是非よろしくお願いします!