読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3手で殺せ。

こんにちは!三月ですね。

 

恒例の今期も終わりか…的なムードが漂ってますね。個人的にはブロック戦もあるしまだまだ頑張りますよ~。

そんな<2016年1月制限環境>を掌握し続けたEM竜剣士。高い展開力で場を固め、リソースの差で相手を押し潰すデッキです。

 
先攻展開の強さは目を見張るものがあり、返すのは困難を極め…いえ、案外返せます(ナチュビが若干の例外でしょうか)。
 
展開の着地点として有名なのがこれ。
 f:id:am89:20160301013206j:image
ミラーにおいてこれを絶対返せないかというとそんなことはなくて、
・通常召喚+モンスターを横に並べる手段(はいはい竜呼竜呼)+ペンデュラム
・エキセントリック+ペンデュラム
等いくつかパターンが存在します。
 
つまり、盤面の強さは問題ではなくこのデッキの勝ち筋に直接つながっていないと仮定されます。最終盤面の派手さに目が行きがちですが本当に注目すべきはここ。
f:id:am89:20160301013218j:image
覆りようのないリソース差がエクストラデッキ(下)には溜まり、マジェスタ―が絡むことで手札(上)に後続も構えられています。蛇足だけどおまけの2ドロー強すぎワロタ(ヴェーラー眼差し)
先攻展開を強くすることの利点は、前面を処理することに追われて後手側が第二波に対処するだけの余裕を失わせることができる点だと思います。
制圧した場を維持したまま勝ち切れることはむしろ稀で、その後の詰めをどれだけ丁寧にできるか。今期のEMの勝ち切れるかどうかの境目の一つはここにあるのではないでしょうか。
 
先手で制圧、後手を凌いで豊富なリソースを叩きつける。リズム感が大事。