WW魔導真竜

お久しぶりですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

最近使っていたデッキの話 兼 メモ残し 兼 CSレポでござんす。ゆるりとどーぞ。

 

使用レシピ

f:id:am89:20170507214544j:image

文字ベースだとこんな感じです。


WW-スノウ・ベル ×1
魔導書士 バテル ×2
WW-アイス・ベル ×3
灰流うらら ×3
WW-グラス・ベル ×2
真竜導士マジェスティM ×1
真竜拳士ダイナマイトK ×3
真竜剣皇マスターP ×2
真竜の継承 ×3
真竜凰の使徒 ×2
ドラゴニックD ×3
テラ・フォーミング ×3
コズミック・サイクロン ×2
強欲で貪欲な壺 ×3
ルドラの魔導書 ×2
グリモの魔導書 ×3
盆回し ×2
チキンレース ×2
ハーピィの羽根帚 ×1
真竜皇の復活 ×2
真竜の黙示録 ×3

スターダスト・チャージ・ウォリアー ×2
WW-ウィンター・ベル ×1
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン ×2
クリアウィング・ファスト・ドラゴン ×2
クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン ×2
(まともな使い方をしそうなものだけ)

 

構築経緯

【5/4足立CS個人戦

3-2のトナメ1回戦敗退

【5/5東京遊戯CSチーム戦】

個人戦1-3チーム1-3予選敗退

 

まず、デッキ単位の強みとしてなんといっても《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》を容易に登場させることができる《WW-アイス・ベル》の存在。横に《真竜剣皇マスターP》を並べると突然のワンターンキルも発生します(2950+5950)。

しかし、たった一体のシステムモンスターは壊獣に食われるのが常。魔導ギミックが絡むなら第二のアイス・ベルにアクセスしつつ《スターダスト・チャージ・ウォリアー》で妨害を引き込むルートも存在していて、召喚権ってなんだろうって。本来の真竜ギミックに加え、強固な盤面の構築に一役買っています。

 

一方、負けたゲームはクリスタルウィングが立ちながらも真竜要素が噛み合わず、回答を引かれて捲られるケースが多発しました。

 

「このデッキは《ドラゴニックD》をしっかりと回さないと勝ちに辿り着けないデッキだ」

 

同じ負け筋を経験し続けた結果この結論に落ち着き(当初は真逆の考えでしたが)、《テラ・フォーミング》をフル投入するに至り、《強欲で貪欲な壺》の枚数を増し、ついに現在の《盆回し》を投入するところまで行き着きました。

デッキの総数も49枚と膨れましたが、前述のことと併せて頭を抱えていた《WW-グラス・ベル》引きすぎ問題も若干緩和されていたように思います。

特別なカードの採用は特になく、強貪、《ルドラの魔導書》(に辿り着くためのカード)等1枚を2枚にできるカードを多く積んで手数を増やします。メインの《ハーピィの羽根帚》採用も同じ理由。

 

不採用カード

・セフィラの神託

・混沌の場

月並みですが、素引きの弱さに目を瞑ることができなかったため見送り。《チキンレース》でドローされまくって死にかけたりもしたし、あったら真竜相手ちょっと違ってたのかなぁ

 

・真竜凰マリアムネ

ドラDを同じターンに複数回起動することがあったので、あっても良かっただろうけどそもそも発想として抜けてた。

まあ、あっても(言いたいだけ)。

 

ゲーテの魔導書(5/8追記)

グリモスタートで回りだしたら強い場面は来そうですね。デッキの回転が上手くいっている時しか強くなさそうで採用に踏み切れず。

 

戦績レポート

【5/7東京遊戯CS】

一回戦 十二獣(先) ○○

1.アイスベルうらら強貪。相手デッキ見せずサレンダー。

 

2.竜星か十二獣関係に上手く当たってたらと思い浮幽さくら投入。初手にこんちーwww

 

相手のアクション「サラブレード召喚」

 

もう交通事故でしょ。

 

 

二回戦 WW真竜(後) ○○

1.初手盆盆DDうらら あ〜場魔法いいなぁ

 

相手のアイスベルにうらら当てると2伏せでターン返ってくる。トップアイスベルからクリスタル展開しドラDはコズミック連打で尽く弾かれるも相手回答引かずサレンダー

 

2.ダイナマイト2伏せにテラフォから入り黙示録置かせて羽根帚!罠モン耐性マスター出てきたのを戦闘でやっとこさ討ち取り、次ターンクリスタル成立して勝ち

 

三回戦 命削り真竜(先) ○××

1.アイスうらら強貪バテル…デッキの中の強いカード一通り発動して勝ち

 

2.スノウベルは必要な時だけ来なさい

 

3.マスターの構えだけ作るも相手ターンに引っ張り出されて烈旋でポーン。

 

削りが一番きついや

 

四回戦 HERO(後) ○○

1.ヴァイオン→蘇生ミストでダークロウ成立。返しターンでどうにかドラD適用下でダイナマイトKを送り出してオネスティを消費させ、ダークロウ突破。

盆回しで送りつけたチキンレースのドロー頼みという危ない状況に。クリスタルをライトニングに殺され、ライトニングの攻撃宣言前にコズミック打ってチキンの効果で延命したり。

2発目の強貪打ったりとかでデッキの最後の一枚までなくなるも最後のドローがマスターP。辛勝。

 

相手にさっさとチキン割られてたら無理だった。

 

2.アライブからダークロウ。同じくドラD適用下でダイナマイトが討伐。ダイナマイトの隣にマジェスティまで構えて勝ち。

 

トナメ一回戦 恐竜真竜皇(先) ×○○

1.クリスタルダイナマイトKを捲られライフ2800まで削られる。

マスターPを出して盤面返すも相手トップオヴィラプター。ここで事件。

 

「オヴィラプター召喚」

「チェーンマスター効果」

(オヴィラプター死ぬ)

「ミセラサーチ墓地送って効果ディノン・インフィニティATK7000です」

 

死去

 

仮に召喚効果をスルーしててもミセラで効果耐性つけられて卵をオヴィラプターで割ったりする展開になってたはずだから負けるべくの負け。

 

2.記憶がマインドクラッシュされてて忘れ。勝ち

 

3.初手グラススノウスカルマイスター強貪何か

グラスからアイス握り、強貪に無情のうらら。イカレーーー!!!

ところが、相手がまさかの事故。ドラD増G捨てアグニマズドサーチ、炎2体破壊してグラスベル除外(初めて食らったwww)。

トップうらら引いたので相手のG弾きながらアイスからのいつもの展開で(強貪で飛ばなかったの偉い…)4300削りターン返す。手札1枚でどうにもならず勝ち。

 

最後真竜絡んでねえ

 

トナメ二回戦 恐竜真竜皇(先) ×○×

1.アイスベルスタート。相手の展開にうららまで当てて踏ん張り、相手のリソースを卵リストアジムのみのところまで追い詰めるも2個目の卵引き込まれて死去。猿合戦。

 

2.グラスベル初動にドロール。ダイナマイトグラスベルで返し、相手のドラD置いたところにダイナマイト効果、割られた卵にスカルマイスター当ててスローゲームへ。ドラD回しながらクリスタル作ってマクロまで引いたのにめっちゃ長引いて上手い人は違うと思ったゲームでした。最後の締めはマスターで。

 

3.強貪ルドラ回すも尽くドロー弱くて死に。お終い。

 

トナメで恐竜に立て続けに当たってしまって経験不足が出ました。てい○さん、調整!相手!

 

まあ、楽しめたかな。

サイドが後手の時ちょっと使い物にならなかったり色々問題はあったけど、方向性は合ってたはず。誰かちゃんと考えて〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

構築の所感

自分用のメモも兼ねて

・魔導書被り

一番やばかったかも。起動できたら嬉しいくらいのワンチャンギミックくらいに優先順位を抑えるべきか?

・サイドに攻撃反応系

ミラフォとか引けてて最後恐竜に当てられてたら勝ちだったから必要だ〜

 

サイドは適当に深夜のテンションで決めちゃったからよくなかった。反省…

 

質問よりは意見がほしいです。

Twitterとかで待ってます。

 

疲れたのでこの辺で!

チャオ!