【セフィラ】感想文

どうも、ぽとふです。

 

SPYRAL上陸からそれ自体は触らず(パーツはあるんですけどね…)、別の道を模索してまいりました。
その中で見出した選択肢が今回記事にする【セフィラ】です。

以下、リストになります。

f:id:am89:20171011112000p:imagef:id:am89:20171011112005p:image
見切れているサイドの2枚は神の警告と砂塵の大嵐です。
最近出回っているリストとのおおまかな違いだけ。

・竜の渓谷&覇王ギミックの不採用
→そもそもこのデッキにはコストとして切りたいカードが少なく、あらゆる妨害を踏みやすい。セットで採用される覇王門零も素引きが嬉しくなく、セフィラスケールではないため《セフィラの星戦》の運用に関わってきたりするので怪しさを感じ不採用。《亡龍の戦慄ーデストルドー》をメインに入れるなら採用圏内。

 

・死皇帝の陵墓&虚無魔人
→虚無魔人は2枚に枚数を抑えていますが、裏目は《死皇帝の陵墓》素引きor虚無魔人引いててP召喚できないの2パターンのみ。後者はこのギミックを採用していなかったとしても無理なので運用上の問題はないと考えています。フウシ通常召喚とかでいいので他にも打点を用意して早めに決着に向かいたいところです。
正直なところ盆回しの相方がどれも強くなく、苦渋の決断といったところです。サブテラーギミックとかの方が強いかも。

 

ここからはしばらく使った上での所感を。
・スケールの管理
この項は少し厚めに。
《智天の神星龍》を最強の初動とする【セフィラ】ですが、初動以外はさっさと割って、他のカードで上下スケールを揃えてしまう方が良さそうです。というのもグラマトンは毎ターンスケールが5に戻るので、都度デッキ内のリソースを消費します。初期段階でエクストラデッキにモンスターがいない際にはむしろ有効ですが、エクストラデッキから大量にP召喚できないマスタールール4下では、この特性は毒でしかありません。
特にこのデッキでは《秘竜星ーセフィラシウゴ》をP召喚、その時の効果で魔法or罠をサーチ→《竜星の九支》or《セフィラの星戦》で相手ターンにも能動的にシウゴ割りながらサーチという、相手ターンからもう一度こちらのターンに回るまでに効果を2周使うことをイメージすることになります。
仮に初動段階でスケールをグラマトン+下スケール(《宝竜星ーセフィラフウシ》or《竜星因子ーセフィラツバーン》)で用意したとすると、シウゴをP召喚するのにグラマトンで毎回シウゴを落とさなければならず、すぐにデッキ内の上スケールが尽きてしまいます(現状のリストでは上スケールになるのはシウゴのみ)。
2度目のP召喚で迅速にチョウホウを目指すなどしてゲームクロックを早くする、シウゴ+下スケールで固定してしまうのどちらかが必要です。

 

・《デビル・フランケン》
【SPYRAL】を相手に《異星の最終戦士》が決まり手になるゲームは多く、後手も《テセウスの魔棲物》の登場で返す手段として用いることができるようになりました。
運用で意識するのは2点。
1.うさぎケア
握った場合はセフィラギミックを運用して最終戦士に当たるうさぎを消費させにかかります。とにかく全力でグラマトンをプレイします。うさぎ踏んだらゴーです。踏まなくてもゴーです。
2.二戦目以降は深呼吸
特に2戦目負けた後の3戦目の先攻でプレイするのは考えもの。仮想敵のSPYRALは、毎ターンモンスターサーチの場魔法(しかもサーチ先が尽きない)+余った手札誘発を壁にできるため、回答を待つorエクストラターンを狙って耐久ができます。
ポイントは、異星の最終戦士の隣に打点を用意することです。何言ってるのとお思いの方、できます。
1ターン目にセフィラ展開。その中で、《セフィラの神意》を絡めましょう。そして3ターン目にデビフラを起動する前、P召喚等で打点を持つセフィラモンスターを予め用意しておくと、最終戦士の効果から破壊を免れるので、隣に打点を置くことができます。
問題は打点のあるセフィラモンスター。そう、上記のリストではフウシしかいません。現状の彼の固有の役割、デビフラの隣に並べてライフを取りに行くこと。うーん、なんとも…
あ、デビフラ前に《PSYフレームギア・γ》→《PSYフレームロード・Ω》と繋いだ上でデビフラ出せた時鼻水出ました←

 

・意外とグラマトン出る時あるぞ
やれたら勝ちな場面多いのであんまりかも。
・シウゴ2体並べるは割とあり
残ったやつ使って《ミセス・レディエント》を作ったりとか割とやる
・《盆回し》なくてもいいかも
でも《サイクロン》代わりになったりするからほぼ必須。

 

ここら辺が回していく中で感じたこと。【インフェルノイド】とかも少しだけ幅を利かせたりしてるみたいなので、ちょっと環境がバラけてくれるといいなぁ。